ヨガ知識

ホットヨガで自律神経の乱れを整える効果はホント?

ホットヨガをすれば自律神経の乱れが整う?

ストレスや疲れなどによって乱れがちな自律神経。

私たちの意志とは無関係だけど、体のさまざまなはたらきに大きな影響を与えています。

この自律神経を整えるにはいろいろな方法がありますが、そのひとつとして人気を集めているのがホットヨガです。

ホットヨガのどのような効果が自律神経を整えてくれるのでしょうか?

この記事でわかるコト

  • ホットヨガで自律神経の乱れが治る理由
  • ホットヨガと並行して行いたいこと
  • おうちでのヨガも効果的な理由

ホットヨガで自律神経の乱れを整える人が増えている

忙しく毎日を過ごしている現代人は自律神経が乱れがちだといわれています。

ストレスや疲れと全く無縁でいられる人はあまり多くないかもしれませんね。

だからこそ、ホットヨガで自律神経を整える人が増えているそうですよ。

自律神経の乱れの原因

私たちが活動するときは交感神経が、そして休むときには副交感神経のはたらきが優位になります。

これらの自律神経のはたらきは、ストレスや疲労の蓄積によって過度の緊張状態が続き、乱れてしまうといわれています。

緊張状態が続くと、本当なら副交感神経がはたらくべきシーンでも、交感神経が優位になってしまうのだそうです。

自律神経の乱れが及ぼす悪影響

自律神経が乱れると、休むべきところできちんと休むことができなくなります。

その結果、ストレスや疲労を解消することが難しくなり、そのせいでまた自律神経が乱れ……と悪循環に陥ってしまうこともあります。

そうなってしまうと、心のモヤモヤや集中力や意欲の低下だけでなく、頭痛やめまいなど、身体的症状となって現れることもあり、さまざまな健康上の問題を起こしかねません

自律神経の乱れを改善するのにホットヨガは効果的

心身のさまざまな不調の原因となる自律神経の乱れ。

健康的な生活を送っているつもりでも、日々の生活の中で知らないうちに溜め込んだストレスや蓄積した疲れなどが原因で乱れがちだという自律神経は、ホットヨガで改善されるといわれています。

なぜホットヨガは自律神経の乱れ改善に効果があるのか?

自分の意志とは関係ないところではたらいている自律神経ですが、意識して行うホットヨガで整うといわれているのはなぜなのでしょうか?

血行改善効果

ホットヨガが自律神経を整えるとされている理由のひとつが、血行改善効果です。

自律神経が乱れがちな人は過度な緊張状態にさらされていることが多く、緊張状態が続くと血行が悪くなりがちです。

ホットヨガは体を温め、血のめぐりをよくすることで自律神経の改善効果が期待できます。

ストレス発散効果

ストレスは自律神経が乱れてしまう大きな原因のひとつです。

ホットヨガの呼吸法は意識して大きく呼吸するもの。

これがストレス解消と自律神経を整えることに大きく関係してくるのです。

腹式呼吸で大きく呼吸をすることで得られるリラックス効果はストレス解消に欠かせません。

リラクゼーション効果

うまくリラックスできないこと、休めないことが自律神経の乱れの原因のひとつです。

緊張状態では浅い呼吸になってしまいがちです。

自律神経を整えるには、深く呼吸してリラックスすることが大事。

ホットヨガの呼吸法がリラクゼーション効果を得るのに向いているのです。

無の境地になってリセットできる

ホットヨガは、呼吸に集中することで瞑想状態になって心を無にすることができます。

瞑想の効果はしばしば話題になっていますね。

交感神経が優位になりがちなストレス社会の中で、最初は難しいかもしれませんが、ホットヨガで「無の境地」になってリセットすることは、ストレス解消、自律神経を整える方法のひとつとして有効です。

ホットヨガと並行して自律神経に効果のある対策

あらゆる不調の原因ともいえる自律神経の乱れ。

自律神経を整えるにはホットヨガと並行して自律神経を意識した対策をするとより効果的です。

睡眠の質を上げる

自律神経を整えるにはきちんと休むことがとても大切です。

睡眠の数時間前には家事や入浴などを済ませ、リラックスして副交感神経が優位になるような環境を作れれば理想的です。

カフェインも控えましょう。寝る前の運動は交感神経を優位にしてしまうので、体を動かしたい人も、寝る前は軽いストレッチ程度で済ませるようにしましょう。

栄養バランスの良い食生活を心掛ける

最近話題の「幸せホルモン」ともいわれるセロトニンは自律神経に良いとされています。

このセロトニンを生成する助けとなる食べ物には乳製品や大豆製品、雑穀米、さつまいも、青魚、バナナなどがあります。

これらの食品を毎日の食事に積極的に取り入れれば、自律神経のはたらきを助けてくれるでしょう。

自宅でできる軽いストレッチで血行を良くする

緊張状態は自律神経を乱す原因のひとつです。

おうちでも時々軽くストレッチしてあげると血行がよくなり、自律神経のはたらきもよくなります。

ゆっくりじんわりと伸ばす軽いストレッチは副交感神経を活性化させ、リラックス効果が期待できます。

コツは頑張り過ぎず、気持ちが良い程度にとどめることです。

自律神経には味噌汁も効果あり

味噌には交感神経と副交感神経の切り替えをスムーズにして、自律神経のバランスを整えるはたらきがあるといわれています。

また、腸のはたらきも自律神経とリンクしていて、腸内環境が整うと自律神経も整うといわれています。

味噌はどちらにも良いとされる食品です。

お味噌汁などで毎日の食事にぜひ取り入れたいですね。

ホットヨガに通えなくても自宅でのおうちヨガもリラクゼーションに効果的

自律神経を整えるためにはリラクゼーション効果が効果的です。

リラクゼーション効果を得るには、スタジオで行うホットヨガだけでなく、お家でできるおうちヨガもOK。

自分の好きな環境、温度・湿度で好きなときにできるので、呼吸に集中しやすく、よりリラックスできます。

ヨガには自律神経にはたらきかけるポーズもいくつかありますので、おうちヨガに上手に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

私たちの意識しないところで重要なはたらきをしている自律神経。

乱れてしまうとあらゆる不調の原因になることがわかっています。

ポイントは上手に休むこと、

リラックスすること。やらなきゃ!と頑張ってしまうより、ホットヨガやおうちヨガでリラックスして楽しみながらストレスや緊張状態を緩和して、自律神経のバランスを整えていきましょう!

-ヨガ知識

error: Content is protected !!