LAVAレッスンプログラム

LAVA(ラバ)美律ホルモンヨガはポーズ内容や効果の口コミ感想!初心者にきつい?

LAVA(ラバ)の美腸力ヨガのポーズ内容や効果や口コミ感想をまとめてみました。

  • LAVA(ラバ)美律ホルモンヨガのポーズ内容は?
  • LAVA(ラバ)美律ホルモンヨガは初心者にはきつい?
  • LAVA(ラバ)美律ホルモンヨガの口コミや感想は?
  • LAVA(ラバ)美律ホルモンヨガってどんな効果あるの?

LAVAの美律ホルモンヨガは、骨盤底筋にはたらきかけるレッスン。

普段意識することがあまりない骨盤底筋は、さまざまなホルモンの分泌に関係したり、内臓の位置を正しく維持したりと、縁の下の力持ち的な存在。

ここにはたらきかけることで、女性特有の不調を改善したり、体幹が鍛えられたりする効果が期待できます。

どんなレッスンなのか詳しくご紹介します。

LAVAの美律ホルモンヨガとは

難易度 ★★~★★★(2.5)
室温 高め(~38℃)
レッスン時間 60分
ポーズの種類 約20
効果 ホルモン系を整える・婦人科系の悩み・アンチエイジング
運動量 ★★~★★★(2.5)
体験レッスン OK
生理中の受講 OK

LAVAの美律ホルモンヨガのレッスンは、強度2.5という数字の割には、あまりきつくない内容。というのも、マッサージや瞑想が多く含まれているから。とはいえ、全身をストレッチでほぐしながら進むレッスンは、滝汗でスッキリ、ストレス解消やリラックス効果もありそうです。難しいポーズはないので体験レッスンにもおすすめ。生理中の受講も可能です。

キャンペーン中
【LAVA公式】2023年1月のキャンペーンを見てみる♪

LAVAの美律ホルモンヨガのポーズの内容・流れ

美律ホルモンヨガのポーズの流れ

  • 寝ポーズ
    深呼吸のあと、胸に手を当てて声を出すボイスヒーリング。その後は膝を持ち上げて動かし、腰周辺をほぐします。
  • 蓮の花のポーズ
    あぐらの足を深く組んで座り、両腕も組んで上に持ち上げて体を伸ばします。
  • 真珠貝のポーズ
    合蹠にした足を前へ出し、両腕をくぐらせて前屈します。深く呼吸を繰り返します。
  • 猫のポーズ
    四つん這いになり、両腕を前方に伸ばして背骨を伸ばします。片手ずつにして脇腹を伸ばします。
  • かんぬきのポーズ
    膝立ちから片足を横に伸ばし、伸ばした足の方へ体を倒し側屈します。脇腹と伸ばした足にストレッチがかかります。
  • 半円のポーズ
    かんぬきのポーズから体を反対側に倒し、上の手を頭上へ伸ばします。そこから伸ばした足を持ちあげてバランスポーズへ。
  • スフィンクスのポーズ
    肘をついたプランクポーズからお腹を着地させ、つま先で全身を揺らして前後に動き、お腹をマットでマッサージします。
  • 舟のポーズ
    体育座りから両足を揃えて持ち上げ、前へ伸ばそうとします。深く呼吸を繰り返してキープしましょう。
  • サギのポーズ
    片足を前方に伸ばし、つま先を両手で取って自分の方へ引き寄せます。反対の足は膝立ちか、踵をお尻の横に置いて行いましょう。
  • 胸を開くポーズ
    長座になってお尻の後ろに両手をつき、上体を反らします。
  • 山のポーズのバリエーション
    両脚の親指を揃えてまっすぐ立ち、片足を膝まで持ち上げてバランスを取ります。
  • 戦士のポーズ3
    山のポーズのバランスから、上半身を前傾させてキープします。
  • ハイランジ
    片足を前に踏み込んでキープしながら、背中側で手を組み、肩甲骨を動かします。
  • 女神のポーズ
    両脚の膝が直角になるくらいまで腰を落としてキープ。ワシのポーズのように両手を組み、スクワット運動を何度か繰り返します。
  • ピラミッドのポーズ
    両脚を開いて立ち、股関節から上半身を前屈させ、頭頂部をマットに着地させます。
  • 三角のポーズ
    両脚を開き、片足の足首に手を置いて側屈します。鎖骨を開くように両手を広げてキープします。
  • 開脚ストレッチ
    座って開脚し、股関節から上半身を倒して前屈、側屈します。腰が丸まらないように注意しましょう。
  • あぐらで股関節ほぐし
    あぐらで座り、股関節から上半身を動かしてほぐします。だんだん動きを小さくして、シャバーサナへの準備をします。
  • 屍のポーズ(シャバーサナ)
    両手両足を開いて仰向けになり、リラックスします。

LAVAの美律ホルモンヨガの中から、特徴的なポーズや初心者に難しいポーズをピックアップしていきます。

半円のポーズ

半円のポーズは、大きく全身を使って半分の円を描き、体の側面を気持ちよく伸ばします。胸が開くので、気持ちが前向きになるポーズとも。手に体重を乗せすぎず、伸ばした方の足先でも地面をとらえます。美律ホルモンヨガではそこからその足を持ち上げますが、体幹を強く意識してキープすることで骨盤底筋にも効いてきます。

舟のポーズ

座った状態で両足を持ち上げる舟のポーズは、腹筋にかなり効くポーズ。背中が丸まると効果が薄くなるので、真っ直ぐにしてキープします。足の高さや伸ばし加減、両手の位置などは、呼吸を無理なくできる程度の場所を探しましょう。腹筋を強く意識することで自然に骨盤底筋にも効いてきます。

サギのポーズ

片足のつま先を両手で持ち、自分の方へ近づけるサギのポーズ。高い柔軟性が必要なポーズですが、無理のない範囲でOK。足を無理に高く上げようとしたり、ぴんと伸ばそうと頑張って背中が丸くなるよりは、首を長く、背中を真っ直ぐにキープすることを優先させましょう。

女神のポーズ

体の前側を大きく開き、両膝が90度になるまで腰を落とす女神のポーズは、スクワットと同じ動きでかなりきついポーズ。美律ホルモンヨガのレッスンでは、腰を落としたまま両腕を絡めてキープするアレンジが入ります。自分の中心の1本の線を、まっすぐ下に下す意識で行うことで、体幹を鍛えながら骨盤底筋にもアプローチできるポーズです。

LAVAの美律ホルモンヨガは初心者にはきつい?難しいポーズは?

LAVAの美律ホルモンヨガのレッスンには、難易度の高いポーズはあまりありません。サギのポーズのように一見柔らかくないと無理そうなポーズでも、お手本と同じポーズをする必要はないので、無理せず行えばOK。女神のポーズのようにキープするのがきつそうなポーズも、途中で崩れてしまっても何度でもやり直せます。

LAVAの美律ホルモンヨガの効果は?

LAVAの美律ホルモンヨガのレッスンでは、腹筋、体幹を意識しつつキープするポーズが多め。体の中心軸を意識することで骨盤底筋が鍛えられ、アンチエイジングや更年期障害、PMSなどへの効果が期待できます。また、ホルモン分泌にも関係しているともいわれているため、リラックス効果やストレス解消効果もありそうです。

LAVAの美律ホルモンヨガは生理中でも問題ない?

LAVAの美律ホルモンヨガのレッスンは、生理中でも受講は可能です。ただ、このレッスンは骨盤底筋へのアプローチを目的としているので、出血が増えてしまうことがあるかもしれません。不安のある動きやポーズのときは、無理せずチャイルドポーズなどでお休みするようにしましょう。

LAVAの美律ホルモンヨガの口コミ感想


LAVAの美律ホルモンヨガは、リラックスできるという人が多いレッスンのようですね。ご自愛系レッスンとして人気が高そうです。骨盤底筋という大切な筋肉は、とくに美律ホルモンヨガのレッスン以外でもときどきキーワードとして登場することもあるものの、意識するのはちょっと難しい部位。インストラクターによる表現のバリエーションによって効果に差がつきそうなだけに、スタジオでのレッスンに参加するとさまざまな気づきがあるようですね。

LAVAの美律ホルモンヨガは体験レッスンはこんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • ホルモンバランスを整える
  • アンチエイジング
  • ストレス解消・リラックス

骨盤底筋にアプローチするLAVAの美律ホルモンヨガのレッスン。何もせずにいると衰えてしまいがちな骨盤底筋ですが、意識して動かすことで、内臓の位置を正しくキープしたり、尿漏れの改善効果も期待できます。音楽や呼吸、体の動きで複合的にリラックスできる1時間で、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌を促し、終わったあとはすっきりと明るい気分に。女性ホルモンのはたらきで気分が浮き沈みしやすい人にもおすすめです。

LAVAの美律ホルモンヨガまとめ

運動量2.5のレッスンでは、「きつい」「つらい」という声も多くなりがちですが、美律ホルモンヨガではそういう声があまりないのが特徴的。滝汗をかくことはあっても、しんどさはあまり感じず、リラックスして楽しめるレッスンです。普段あまり意識して動かすことの少ない骨盤底筋は、放っておくと年齢とともに弱まってしまいます。LAVAの美律ホルモンヨガでしっかり動かすことで、ココロも体もすっきり元気に過ごせそう。とくに女性ホルモン系の不調にお悩みの人におすすめのレッスンです。

キャンペーン中
【LAVA公式】2023年1月のキャンペーンを見てみる♪

※LAVAの体験レッスンは手ぶらでOK!ヨガウェア・お水・タオルすべてレンタル付きだから用意する必要なしです。

-LAVAレッスンプログラム

error: Content is protected !!